統合失調症について

統合失調症について

人間の脳の働きは、脳に張り巡らされた神経のネットワークが司っています。目や耳から入った情報の処理、思考、感情などは、すべてこの神経ネットワークの働きによって生まれています。そうした働きをうまくまとめることができなくなっている状態、つまり「統合」が「失調」している状態が、統合失調症の本体です。
統合失調症では、幻覚や妄想、興奮などの激しい症状のほかに、意欲の低下や感情の起伏の喪失、ひきこもりなど、様々な精神症状を呈します。
若い人に多く、患者さまの約8割は、15~30歳の間に発症すると言われます。

統合失調症について

陽性症状

実在しない声が聞こえたり、あり得ないことを信じ込んだりする症状です。つまり、幻聴や妄想です。

陰性症状

陽性症状とは反対に、陰性症状は、あるはずのものが低下している状態です。
喜ぶ、怒る、哀しむなどの感情が乏しくなり、表情の変化も少なくなります。また、意欲が減退し、何事に対しても関心が薄くなります。身だしなみにも無頓着になります。家族や友人を含め、他者とのコミュニケーションも避けるようになります。部屋に引きこもる人もいます。

統合失調症の主な症状

統合失調症の治療

統合失調症の治療の柱は、薬物療法と精神科リハビリテーションです。

統合失調症の主な症状

通常のテキストにはこちらを使用ください。通常のテキストにはこちらを使用ください。通常のテキストにはこちらを使用ください。

薬物療法

薬物療法の中心になるのが抗精神病薬(統合失調症などの精神病の治療薬)で、陽性症状にかなり効果的です。そのほかにも症状に応じて、睡眠薬や抗不安薬、気分安定薬などを使うことがあります。当クリニックではお薬での対応は最小限にとどめております。また、漢方をつかった処方にも対応しておりますのでご相談ください。

精神科リハビリテーション

陰性症状や認知機能障害を大幅に改善する薬がまだ開発されていないこともあり、薬物療法と精神科リハビリテーションは、統合失調症における治療の二本柱になっています。
精神科リハビリテーションには、病気の知識やストレス対処法を学ぶ心理教育、人間関係をうまく進める方法などを練習するSST(社会生活技能訓練)、記憶力や集中力などをつけるための認知機能リハビリテーションなど、様々な方法が知られています。

渋谷並木橋メンタルクリニック
院長
周山 祐大
診療内容
重度ストレス反応・適応障害、うつ病・うつ状態、躁うつ病、不眠症、パニック障害、不安障害、強迫性障害、自律神経失調症、月経前症候群(PMS)、統合失調症、認知症
住所
東京都渋谷区渋谷3-11-7 第2ミネギシビル4F
※近隣にある下記2箇所のコインパーキングをご利用の場合、
駐車券をお持ちいただけましたら30分の無料券をお渡しいたします。
コインパーク 渋谷3丁目
コインパーク 渋谷3丁目第2
TEL
03-3409-5533
最寄駅
JR渋谷駅新南口より徒歩3分、東口より徒歩5分
東急田園都市線・東京メトロ渋谷駅B4番出口より徒歩5分
※渋谷警察署の近くのスターバックスが目印になります。
木曜:18:00までの診療 
土曜:14:00までの診療
休診日:水曜、日曜、祝日
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:30~19:00