不眠症について

不眠症について

「寝つきが悪い」「夜中や早朝に目が覚める」「熟睡感が無い」――こうした睡眠トラブルのために、日常生活に支障をきたす状態になり、しかもそれが慢性的に続くようなら、それは不眠症かも知れません。
しかし、睡眠時間には個人差があるため、7時間以上眠っているにもかかわらず「眠れない」と感じる方がいる一方で、3~4時間の睡眠でもまったく問題の無い方もいます。
そのため、客観的に何時間眠っていようと、本人が安眠・快眠できないと自覚する状態が続けば、不眠症と診断することになります。

現在、日本では成人の約5人に1人が睡眠に関する何らかの問題を抱えていると言われます。不眠症の原因には、「環境要因」「生理的要因」「心理的要因」「生活習慣的要因」など、様々なものがありますが、最近になって不眠症を訴える方が多くなっている背景には、ライフスタイルの多様化、24時間社会における生活リズムの乱れ、ストレス、人口の高齢化などの問題が横たわっているようです。

主な要因は以下の通りです。

不眠症の治療

不眠症は、その原因により治療法も変わってきますが、生活習慣の改善と薬物療法が中心になります。
いずれにしましても、不眠の原因である心の病気、身体的疾患、不適切な睡眠環境などの改善に取り組むことが大切です。

非薬物療法

生活習慣の改善による不眠治療です。室温、部屋の明るさなどを調節することにより睡眠が得られやすい環境にする、音楽や読書などによりリラックスできる時間をつくる、睡眠時間の4時間くらい前に食事を済ませ、入浴は1~2時間前にする、毎朝、朝日を浴びて正確な体内時間を設定する、などです。

薬物療法

不眠のタイプによって、睡眠導入剤のタイプもそれぞれ変わってきます。寝つきが悪い、途中で起きてしまう、早くに目が覚めてしまう、などの症状に応じて、相応しい睡眠薬が処方されます。また、抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬なども使用されることがあります。
医師に指示された用法・用量を守って、正しく使用しましょう。睡眠薬はお酒と一緒に飲んではいけません。睡眠薬の効果が強まり過ぎて、呼吸抑制などの危険が生じます。また、睡眠薬を服用したら、30分以内には寝床につくようにしましょう。
なお、服用していた睡眠薬をいっぺんに中止すると、リバウンドで不眠が悪化することがあります(反跳性不眠)。医師の指示に従いながら、段階を踏んでやめるようにしましょう。
当クリニックではお薬での対応は最小限にとどめております。

渋谷並木橋メンタルクリニック
院長
周山 祐大
診療内容
重度ストレス反応・適応障害、うつ病・うつ状態、躁うつ病、不眠症、パニック障害、不安障害、強迫性障害、自律神経失調症、月経前症候群(PMS)、統合失調症、認知症
住所
東京都渋谷区渋谷3-11-7 第2ミネギシビル4F
※近隣にある下記2箇所のコインパーキングをご利用の場合、
駐車券をお持ちいただけましたら30分の無料券をお渡しいたします。
コインパーク 渋谷3丁目
コインパーク 渋谷3丁目第2
TEL
03-3409-5533
最寄駅
JR渋谷駅新南口より徒歩3分、東口より徒歩5分
東急田園都市線・東京メトロ渋谷駅B4番出口より徒歩5分
※渋谷警察署の近くのスターバックスが目印になります。
木曜:18:00までの診療 
土曜:14:00までの診療
休診日:水曜、日曜、祝日
診療時間 日祝
9:00~13:00
14:30~19:00